お馬さんを追ってみる

競馬の予想のために書いています。中央重賞をメインに予想していきます。平場はちょろっと直前予想します。

愛知杯 2018/1/13

今週土曜日は中京で牝馬重賞が行われます。
中京開幕週ですね。年明けレース、中京開催のデータが少ないので予想が難しくなりそうです。
まずは1レースだけしっかりと集中したいと思います。(日曜のレースも見つつですが)


中京の芝2000m、左回りということでスローになりやすく、最後の坂道をしっかり走れる末脚のある差し馬が好走する傾向があります。
逆に先行馬はディープ産駒、キンカメ産駒といったリーディング上位の種牡馬からの産駒であることが優位です。(集計期間15.12.30-17.12.29、週間競馬ブックより)

 

12  クイーンズミラーグロ
幸騎手に乗り替わりです。前走G1エリザベス女王杯は14着、G2アイルランド府中牝馬は12着と相性のいい藤岡康太騎手、武豊騎手でも大敗しています。G3なら通用する足があるのでしょうか。


2  ギモーヴ
藤岡康太騎手に乗り替わり。
少し出遅れグセがあります。ただ出遅れたとしても、中京の前半の坂がスローのペースを作るので相殺くらいかと考えています。
藤岡康太騎手が相性のいい中京芝2000mでレースを組み立てられるかです。少し不安が残るので最終追い切りを見て判断しようと思います。


6  ブラックオニキス
松山騎手に乗り替わりです。
大野騎手が騎乗していた時に鉄砲だった紫苑S(中山2000m)で0.3差の4着。
52キロの斤量も魅力でしょう。


7  マキシマムドパリ
藤岡祐介騎手、継続騎乗です。
昨年の覇者ですが、中京2000mのあまり経験のない騎手に昨年から乗り替わっています(昨年は岩田騎手)。
斤量も最も重い56キロです。


4  リピカトス
吉田隼人騎手、乗り替わりです。
新馬戦で乗っていますが、この時は新潟で1着。
東京でも戸崎騎手が騎乗で1着の戦績があります。
出遅れ癖で後方からの競馬になるのも、中京には合うのかもしれません。
斤量は51キロと軽量です。


5  タニノアーパンシー
デムーロ騎手騎乗です。
出遅れ癖のある騎手と馬が合わさって、出遅れる予想しかないです。
ただそれが理由で完全に切ることができないのがデムーロ騎手です。
戦績について、重賞経験はありませんが、連対率は64%と抜群にいいです。
中京5着がありますが、着差も0.2秒とわずかなものです。斤量52キロも魅力ですね。


今日はこの辺で、また明日更新します。

 

1/12追記(馬番をつけています)

 

3  メイズオブオナー
松若騎手が騎乗です。
魅力は安定した末脚と最軽量の斤量です。
そして最終追い切りもよく見えます。

 

12  クインズミラーグロ
追記
1月が不安になる鞍上ですが、追い切りはよく見えます。
G1G2を大敗してここに乗り込んできていますが、中京のように小回りの方があっているのかもしれません。
実際に大敗前はG3を連戦して3,3,3,2,3と複勝を外していません。注意する必要があるでしょう。紐においておきます。

 

18  ワンブレスアウェイ
津村騎手が騎乗です。
調教の様子がいいですね。
スタートが出遅れる傾向にありますが、出遅れた重賞2戦で負けるも着差が0.6,0.3とわずかです。
心配なのが距離とコースですね。先行した時に足が保つかどうかでしょう。

 

9  キンショーユキヒメ

秋山騎手騎乗です。

この騎手が騎乗した時の成績は4,4と惜しい競馬が続いています。

一月の秋山騎手は成績いいので、巻き返しに期待したいです。

調教もよく見えます。

 

上記の馬を中心に馬券を組み立てていきます。

 

軸にする馬は二頭です。

9  キンショーユキヒメ

5 タニノアーバンシー

 

ワイド  5-9 1000円

馬連   5-9 500円

三連複  5 - 9 - 3, 4, 7 各1000円

     5 - 9 - 2, 12, 16, 18 各300円

     5, 9 - 3, 4, 7 - 3, 4, 7 各500円

     5, 9 - 3, 4, 7 - 2, 12, 16, 18 各100円

 計12000円

 

パドックを見ることができたら、タニノアーバンシーからの追加馬券を買う可能性もあります。)

 

10, 8, 7で入線。

 

勝ったのはエテルナミノルでした。好位から4角を過ぎてきっちり抜け出してそのまま逃げ切りました。4角までの前目の位置と抜け出すタイミングが完璧でした。

2着に入ったのは人気薄のレイホーロマンス。最後の直線で一気に後方の外からまくっていきました。うまく抜け出した1着馬には及びませんでしたが、豪快な末脚を見せつけてくれました。

3着はマキシマムドパリ。最重量の斤量差があっても実力馬としての意地をみせました。最後の直線手前でレイホーロマンスに寄られてふらつく場面がありましたが、それがなければ2着に入っていたのではないでしょうか。

 

タニノアーバンシーは最後の直線で馬群を抜け出せずに競馬をやめてしまいました。デムーロ騎手が乗るからといって過信は禁物です。

キンショーユキヒメもタニノアーバンシーとほぼ同じ位置で4角を回ってきたのですが、最後の伸びが足りませんでした。馬体が増えすぎたのも敗因かもしれません。

 

今日の敗因はパドック、馬体重を見ずに買っていることもあると感じました。あとデムーロ騎手への依存傾向ですね。先週、並びに昨年から変わっていません。(昨年はルメール騎手に依存していました。)反省を生かして次のレースに臨みたいと思います。

 

重賞予想 購入55000 払戻21360 回収率38.8%

重賞反省録 中山金杯、京都金杯、シンザン記念、フェアリーステークス

 三日間開催になった週末に4つの重賞が行われました。

1つずつ振り返っていきます。


中山金杯

 

1着 セダブリランテス 戸崎騎手
2着 ウインブライト 松岡騎手
3着 ストレンジクォーク 柴山騎手

 

この重賞は参加しませんでした。
ただ理由が戸崎騎手が馬券を外す可能性が高いと考え、様子見のため参加を見送ったので、もし馬券を買っていたとしたらに負けています。
発汗もあったので先行の位置を取った時は落ちてくるかなと考えながら見ていたんですが、最後まで伸び足も落ちませんでした。

 

上がり最速を出した4着ブラックバゴは、後ろから一気にまくる競馬をしましたが、中山の直線は少し短かったです。追い出すために外を回りすぎたことも敗因でしょう。

 

kbsnkbsn.hatenablog.com


京都金杯

 

1着 ブラックムーン 武豊騎手
2着 クルーガー 浜中騎手
3着 レッドアンシェル 幸騎手

 

ここは▲→◯→◎で決着しました。

内枠、先行馬が有利なレースですが、少数頭、有力な先行馬の不在もあって後方から差し切るブラックムーンに軍配が上がりました。
しかし、1秒以内に13頭中1着から12着まで入るギリギリの競馬だったので、このレースに参加した馬の今後の出走時には注意する必要がありそうです。

 

逆に大敗してしまったのはウインガニオン。
やはりこの馬は夏馬なのでしょう。

 

kbsnkbsn.hatenablog.com


フェアリーステークス

 

1着 プリモシーン 戸崎騎手
2着 スカーレットカラー 太宰騎手
3着 レッドベルローズ 蛯名騎手

 

戸崎騎手にやられたパート2です。
スカーレットカラー、レッドベルローズは調教の良さが見えたので馬券に入れることができたのですが、プリモシーンだけが鞍上の不安で評価を下げてしまっていました。
二、三着の二頭は調教判断がうまくいったので今後も明け3歳戦は調教に注目していきたいです。

 

一方で6着に破れてしまったテトラドラクマ
一角二角の両方で他馬にぶつかってしまっているのが目立ちますね。
新馬戦(9着)はゲート時に特に顕著なんですが、他馬にぶつかると競馬を途中でやめて大敗しています。
新馬戦だからこそ、軸に選ぶ際に浅いレース経験でどのような競馬をするのか、分析する必要があると感じる一戦でした。

 

kbsnkbsn.hatenablog.com


シンザン記念

 

1着 アーモンドアイ 戸崎騎手
2着 ツヅミモン 秋山騎手
3着 カシアス 浜中騎手

 

戸崎騎手にやられたパート3。
アーモンドアイは重い馬場でも走りました。
スタートが合わず後方のレースからになりましたが、騎手が最後に足をきっちり使えるレース展開をすることができていました。
逆に本命にしたデムーロ騎手騎乗のファストアプローチは4着でした。
こちらもスタートが合わなかったのですが、デムーロ騎手は距離の短い内側を進路に選択。
前にいる馬に囲まれて、京都の坂を下る際に勢いが殺されてしまいました。

今回は出遅れが原因で負けたのではなく、きちんとうまく進路選択をした戸崎騎手に完敗です。

 

11頭中6頭の選択は少し多いかなと感じますが、ツヅミモンを選択できたのは収穫です。
結局輸送もクリア、馬体重の増減なしでしっかり先行をとって馬券内に入ってくれました。
秋山騎手も京都で穴を開けるので注意していきたいです。

 

kbsnkbsn.hatenablog.com

 


重賞予想の全体収支は

購入 38000      払戻 21360       回収率 56.2%

になります。

 


来週は愛知杯京成杯、そして日経新春杯が行われます。

 

今一度予想を見返しましたが、見にくい部分がかなりありますね笑。すみません。
このブログも始まったばかりなので、見やすくなるよう試行錯誤しながら、続くように気長に続けていこうと思います。
そしてもちろん回収率が上がるよう、予想の精度を上げていきます。

平場まとめ 2018/1/8

三日間開催の最終日

 

今日は京都1Rから

 

6 ベストマイウェイ

浜中騎手が騎乗します。

複勝ちょっとから。

 

7、6、1で入線。

 

1着はマイネルカイノン。

戸崎騎手の好騎乗が目立ちましたね。力のある競馬をしました。

2着はベストマイウェイ。

浜中騎手が先行好位置を取り、そのまま逃げに入りました。1着馬には力で負けてしまいましたね。

3着はフィールドドウサン。

ベストマイウェイとともに好位を取り、いい逃げ方でした。秋山騎手も関西で活躍するので注目ですね。

 

馬券は的中です。

 

京都2R

8 アップティルナウ

9 シンゼンアイル

 

この二頭がよく見えます。

馬連とワイドで。

 

10、9、8で入線。

 

勝ち馬はレジェンディスト。

四角辺りから落ちてくるかな、という逃げっぷりでしたが、落ちるどころかどんどん伸びていきました。

2着馬ともかなりの着差なので今後が楽しみですね。

 

馬券はワイドが的中です。

 

中山4R

6 ヴィジリア

パドックも返し馬も見てこの馬に決めました。

本当は田辺騎手が乗るはずだったバトルフガクオウから入る予定だったんですが、出走取り消し、騎乗馬の変更があり最後まで悩みました。

複勝を買います。

 

4、6、5で入線。

 

勝ったのはジョワユーズ。いい位置から抜け出しましたね、2着馬とも大きな差をあけました。

ヴィジリアは2着。向こう正面で騎手が鞭を入れた時は負けたと思ったんですが、足が残っていましたね。

 

馬券は的中です。

 

京都5R

9 トーセンブレイヴ

平場では人気馬を飛ばしてしまうデムーロ騎手。

パドックはよく見えました。ジェシーも良かったんですが、気合が入りすぎているような気がしたのでこちらで。

複勝です。

 

 16、15、12で入線。

勝ったのはジェシー

強く逃げましたね、自分のペースを作れた力のある競馬でした。

2着はまたまたムーンレイカー。惜敗が続きますね。

トーセンブレイヴは掲示板外です。

三角あたりから前進しましたが、足が残っていませんでした。

騎手が鞭をかなり入れていましたが、馬に応える力がなかったのでしょう。

 

馬券は外れです。

 

京都6R

15 ボナヴィーゴ

パドックでは一番人気のレッドレオンよりよく見えました。

レッドレオンもよく見えたのでこちらにワイドと馬連を。

あと三連複も7、8、13あたりに流すように買いたいと思います。

 

10、15、7で入線。

1着はレッドレオン

最初は出負けして中団後ろあたりにつけましたが、道中うまい具合に動きましたね。

シンザン記念も期待しましょう。

ボナヴィーゴは2着でした。

この馬もいい動きをしましたが、勝ち馬が強かったですね。3着馬のアリュマージュとともに今後のレースにも期待の持てる内容です。

 

馬券は馬連、ワイド、三連複的中です。ただガチガチでしたね。

 

京都8R

7 サウンドドゥイット

鞍上強化で、輸送も少ない。

パドックもよく見えました。

単勝複勝です。

 

2、1、11で入線。

勝ったのはデザートストーム。

最後の伸び足が違いましたね。藤岡康太騎手はいつもこのような騎乗をしてくれればいいのですが。。。

グランドロアも逃げ粘りました、2着です。

好枠と脚質から前残りがまだ有利な馬場なのでしょう。

サウンドドゥイットは5着に終わりました。

最後伸び足を見せたのですが3着馬にわずかに及ばず。

ゲートが悪いのでそこを改善すれば勝ち負けまでにいけるのではないでしょうか。

 

馬券は不的中です。

 

二敗したので平場はここまで。重賞でお会いしましょう。